包茎手術でコンプレックス解消|男の自信はペニスから

man

手術方法を知る

man

国内で行われている包茎手術は、切除と埋没法・根本から切る方法の3つです。仮性の場合、切らずに治療をするケースも多く、採用されるのは切除無しの手術です。どの改善法も利点や欠点を持っています。カウンセリングの時点で良い情報しか与えない医師は信頼性に欠けると言え、両面から伝えてくれるクリニックを見つけましょう。尚、傷口が目立たない方法は、他より高度な技術が必要になるため、より医師の実績と経験が不可欠になります。単純な治療法だと、色が不自然になったり傷口が目立ちコンプレックスになったりなど問題が出てくる可能性があります。現在のペニスに合わせた治療が失敗しないポイントになり、また自分でも包茎手術の方法を知っておく必要があります。スムーズにカウンセリングが進み、手術の段取りも取りやすくなります。

現在最も使われる方法に亀頭直下埋没法がありますが、利点は傷口が目立ちくい点です。また感度を残すことも可能で、性行為に支障をきたす恐れもありません。クリニックでも人気の手術になっており、毎年多くの患者が成功を収めています。勃起した状態を計測していき、余分な皮だけを切除するといったシンプル法です。亀頭の下にある皮も同時に切っていき、カリの部分まで縫っていきます。性行為に必要な裏筋も、この方法だと切除する必要がありません。失敗例でもありますが医師の実力不足で感度が低くなったという報告もなされています。そのため、ポピュラーな方法も手を抜かない医師を見つける必要があり、仕上がりに満足ができる程のペニスを目指すことが根本的なコンプレックス解消へ繋がるのです。

中でもシンプルな方法で知られる環状切除法は、皮の部分だけを取り除く簡単な手術です。シンプルで尚且つリスクを背負う確立が少ないといった大きな魅力を持っています。皮の切除は、勃起時に決めていき、皮が突っ張る時のひどい痛みを経験することがありません。ただ人によっては早漏を改善するための方法に裏筋を切除する場合もあり、患者で要望が異なります。仮性の場合は、根本にある皮を中心に切除をして改善を図ります。また根本を縫っていくので、傷口が目立つといったトラブルもありません。色も均等になり綺麗な仕上がりになると好評です。ダウンタイムが少ないので、翌日から普通に動き回れます。ただ医師から注意点がありますので逃さずに聞きましょう。